2018年10月5日(金)

国体1年前PR 磯原駅でグッズ配布 北茨城市職員

北茨城市の職員や国体マスコットの「いばラッキー」が茨城国体開催1年前を呼び掛けた=JR磯原駅
北茨城市の職員や国体マスコットの「いばラッキー」が茨城国体開催1年前を呼び掛けた=JR磯原駅

来年秋に本県で開催の茨城国体をPRしようと、北茨城市国体推進課は3日朝、同市磯原町のJR磯原駅で、「茨城国体1年前街頭キャンペーン」を行った。通勤、通学者などに啓発グッズを手渡しながら、「国体開催1年前になりました」「ボランティアも募集しています」などと声を掛けてアピールした。国体マスコットの「いばラッキー」も駆け付けた。

同市では今年8月に2日間の日程でリハーサル大会「全日本実業団ソフトテニス選手権大会」が実施され、受付や案内、会場美化など六つの係で約100人のボランティアが活躍した。来年の本大会日程は4日間のため、ボランティア200人の参加を予定し、募集を始めている。

同推進課の酒井充夫課長は「全国からたくさんの人が来る。市民や競技団体と協力しながら、よりよいおもてなしができるように準備したい。今後も何日前キャンペーンや他のイベントなどでもPRしていきたい」と話した。(飯田勉)

全国・世界のニュース

2018 年
 10 月 16 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス