2018年10月12日(金)

霞ケ浦と生きる~世界湖沼会議を前に~ 4
生態系の保全 希少植物育つ環境に

外来種の繁殖拡大防ぐ

【AD】

土浦市田村町の霞ケ浦沿岸に大量の水草が浮かぶ。繁殖しているのは、特定外来生物のオオバナミズキンバイ。1日午前9時、国土交通省霞ケ浦河川事務所の職員や市民ボランティアら約30人が集まり、湖の中で腰まで漬かって、熊手を使い水草をかき出す…



  • 記事全文(1138文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2018 年
 12 月 18 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス