2018年11月10日(土)

復興の現場・福島原発事故7年半 中
廃炉

増え続ける汚染水 トリチウム以外も発覚

【AD】

未曽有の災害をもたらした福島第1原発は事故から7年半を経て、構内の環境は大きく改善している。一方で、溶け落ちた燃料デブリの取り出し、たまり続ける汚染水の処理と、極めて困難な問題が廃炉事業に大きく立ちはだかっている。

2016年11月と…


  • 記事全文(1062文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 9 月 24 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス