2018年11月14日(水)

復興の現場・福島原発事故7年半 下
中間貯蔵施設

建設に苦渋の決断 県、大熊・双葉町が容認

【AD】

「(建設容認が)正しいのか、正しくないのか。町民からは厳しい指摘を頂いた」。大熊町と共に福島第1原発が立地し、3年前に中間貯蔵施設の建設受け入れを容認した双葉町の伊澤史朗町長は、当時の苦渋の決断をそう振り返った。

福島第1原発事故に…


  • 記事全文(1067文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 6 月 26 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス