2018年11月16日(金)

2018迫る県議選・選挙区情勢
牛久市(定数2) 新住民の動向が鍵

【AD】

定数が1増の2となり、現職と新人の計3人が名乗りを上げた。顔ぶれは、自民現職の山岡恒夫氏(68)=5期、無所属新人で元市議の会社役員、沼田和利氏(42)、共産新人で元高校教諭の谷口誠一氏(72)。新住民が多いひたち野うしく地区の動向が鍵を握りそう…



  • 記事全文(413文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

関連記事

全国・世界のニュース

2019 年
 3 月 22 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス