2018年11月18日(日)

見出しの工夫を学ぶ 日立・駒王中

見出しの工夫を学ぶ生徒たち=日立市立駒王中
見出しの工夫を学ぶ生徒たち=日立市立駒王中

茨城新聞の出前授業が12日、日立市立駒王中(折笠修平校長)であり、2年生103人がニュースを分かりやすく伝える新聞の工夫を学んだ。

森田日花里(ひかり)さんは「パッと目につく見出しにするために、ゴシック体を使う工夫などが分かった」、望月咲樹(さき)さんは「読者が内容をすぐ理解できるように、見出しは10字以内がいいと分かった」と話していた。

全国・世界のニュース

2019 年
 2 月 19 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス