2018年11月18日(日)

読み方のヒント知る 筑西・古里小 

「新聞のひみつ」の話を聞く児童たち=筑西市立古里小
「新聞のひみつ」の話を聞く児童たち=筑西市立古里小

茨城新聞の出前授業が14日、筑西市立古里小(菊田修校長)であり、3年生22人が新聞の読み方や作り方のヒントを学んだ。

植木悠翔(はると)君は「5W1H(いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どのように)を使うと記事が書けることが印象に残った」、篠崎望珠(のぞみ)さんは「新聞は、締め切り時間を守って、読みやすく作っているのがすごい」と話していた。

全国・世界のニュース

2019 年
 4 月 24 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス