2018年11月26日(月)

見出しの工夫を学ぶ 古河三中

新聞の仕組みを学ぶ生徒たち=古河市立古河第三中
新聞の仕組みを学ぶ生徒たち=古河市立古河第三中

茨城新聞の出前授業が16日、古河市立古河第三中(樫村睦彦校長)であり、2年生122人がニュースを分かりやすく伝える新聞の工夫を学んだ。

三田寺奏芽(かなめ)君は「少ない文字の見出しで内容を一瞬に伝える工夫が分かった」、飯島光太君は「記事は結論が先とは知らなかった」、岡田莉央(りお)さんは「5W1Hを普段の作文にも生かしたい」と話していた。

全国・世界のニュース

2019 年
 2 月 19 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス