2018年12月3日(月)

武者行列、笑顔の照手姫 筑西・小栗判官まつり

第29回小栗判官まつりの武者行列で輿(こし)に乗る照手姫役の小栗治子さん=筑西市門井
第29回小栗判官まつりの武者行列で輿(こし)に乗る照手姫役の小栗治子さん=筑西市門井

浄瑠璃や歌舞伎の題材にされてきた小栗判官(はんがん)伝説を勇壮な武者行列で再現する小栗判官まつりが2日、筑西市門井の市立新治小をメイン会場として開かれ、大勢の観光客の目を楽しませた。

小栗判官役はタレントの照英さん、照手姫(てるてひめ)役は愛知県半田市の高校2年生、小栗治子さん(16)が務めた。治子さんは2015年8月、言い伝えの先祖のルーツを探ろうと、同市小栗の小栗城跡を訪問。市の観光ボランティアガイドと共に史跡を巡ったことが、今回の照手姫役への起用につながった。

治子さんは「再訪して新たに自分のルーツについての思いを深めた。3年前に訪れた私を覚えていてくれたことがうれしかった」とし、「本当にお姫さまになった気分」と感想を話した。

武者行列には小栗小と新治小、古里小の地元3校の児童ら約200人が参加。新治駅周辺を練り歩きながら、「エイ、エイ、オー」と勝ちどきの声を上げた。

まつりは旧協和町時代の1989年、地域活性化を狙いに始まり、今年で29回目。まつりの軸となる小栗助重(判官)と照手姫の純愛物語「小栗判官」は、室町時代に同市小栗付近を治めた小栗助重がモデルとされている。(冨岡良一)



次の記事:水戸の京成百貨店 和洋菓子5店が開店

全国・世界のニュース

2019 年
 9 月 17 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス