2018年12月11日(火)

J1鹿島 クラブW杯活躍期待 サポーター500人集結

鹿島アントラーズのクラブハウスに集まった多くのサポーター。手前はGK権純泰(クォンスンテ)選手=鹿嶋市粟生
鹿島アントラーズのクラブハウスに集まった多くのサポーター。手前はGK権純泰(クォンスンテ)選手=鹿嶋市粟生

12日開幕のサッカーのクラブワールドカップ(W杯)にアジア代表として出場するJ1鹿島アントラーズを激励しようと9日、サポーター約500人が鹿嶋市粟生のクラブハウスに集結した。練習場には多数の横断幕が掲出され、大旗を振った試合さながらの応援で選手たちを鼓舞した。


クラブW杯はアラブ首長国連邦(UAE)で開催される。応援に行けないサポーターも多く、大会前最後の日曜日に大応援を繰り広げて選手たちを送り出そうと、サポーターらがツイッターで来場を呼び掛けていた。

全体練習が終わると、大岩剛監督と選手は一列に並んでサポーターに一礼。クラブW杯での活躍を誓った。チームは11日、UAEに向け出発する。

練習の前にはサポーターの一部が同市宮中の鹿島神宮で必勝祈願の祈禱(きとう)に参列した。受け取ったお札は、UAEに行くサポーターがスタンドに持ち込む予定という。現地観戦する水戸市の薄井直紀さん(18)は「今季はアジア王者になったので、クラブW杯でもいい結果を残してほしい」とエール。千葉県旭市の島田美里さん(25)は「果敢に攻めるサッカーが見たい」と期待を寄せた。

鹿島の初戦は15日、準々決勝で北中米カリブ代表のグアダラハラ(メキシコ)と対戦する。  (藤崎徹)

全国・世界のニュース

2019 年
 1 月 20 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス