2018年12月11日(火)

小型の検査装置が医療機器販売承認 サイバーダイン

【AD】

ロボットスーツ「HAL(ハル)」を製造販売するサイバーダイン(つくば市、山海嘉之社長)は10日、動脈硬化の程度を手軽に調べられる手のひらサイズの検査機器「心電脈波検査装置」が厚生労働省から医療機器として製造販売承認を受けたと発表した。今後、医療保険の適用に向けて申請を進めていく考え。

同製品は脳卒中や心筋梗塞など循環器系疾患の原因となる動脈硬化や不整脈を早期に発見しようと開発。クリップ状の装置を指に装着し、本体を腹部に押し当てて30秒程度で動脈の硬さを調べる脈波などの生体信号を計測する。計測データはパソコンに蓄積できる。

同社は今年6月から医療機器申請を行ってきた。同社製品の医療機器承認は、HALに次いで2例目。同社は「身体機能の回復と再生を図るHALに加え、早期診断や病気予防に関する分野も強化していきたい」と話した。

全国・世界のニュース

2019 年
 3 月 19 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス