2019年1月2日(水)

新時代へ 語り継ぐ平成 いばらき30年
北茨城市漁業歴史資料館

震災の記録伝える 観光拠点に新たな役割 市職員・川崎達雄(かわさきたつお)さん

【AD】

「再開できた時はほっとした。施設を活用したイベントも盛んになり、少しずつ来館者も増えている」と静かに語る。

国道6号を北進し、仁井田の交差点を右折して海に向かって車を走らせる。東日本大震災の津波被害から再建された北茨城市漁業歴史…


  • 記事全文(1015文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 20 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス