2019年1月2日(水)

新時代へ 語り継ぐ平成 いばらき30年
水戸市の中心市街地

「まち」変わる表情 商圏縮小、居住エリアに 水戸市商店会連合会会長・大橋章(おおはしあきら)さん

【AD】

大通りを歩けば、「肩がぶつかり合うほどのにぎわい」と言われた水戸市の中心市街地。この30年、大型商業施設の撤退が相次いだ一方で、マンション建設や市街地の特徴を生かしたイベント開催などのさまざまな仕掛けも根付き始めた。休日には若者や…


  • 記事全文1036文字(あと806文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス