2019年1月2日(水)

新時代へ 語り継ぐ平成 いばらき30年
牛久大仏

霊園に立つ巨大像 観光名所として存在感 牛久大仏の牛久事業本部事務局長・前川昌弘(まえかわまさひろ)さん

【AD】

全高120メートル、総重量4千トン。牛久市久野町の浄土真宗東本願寺派の霊園に立つのは、世界最大の青銅製立像「牛久大仏」だ。完成は1992(平成4)年、翌93(同5)年7月に開園した。現在では、その巨大な姿を一目見ようと、国内外から年間約50万人が訪…


  • 記事全文714文字(あと484文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 12 月 8 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス