2019年1月2日(水)

新時代へ 語り継ぐ平成 いばらき30年
下館祇園まつり

大みこし、注ぐ情熱 関東一円、担ぎ手集う 伊達組組長・柴山和己(しばやまかずみ)さん

【AD】

筑西市の四大まつりの一つ「下館祇園まつり」は、平成の初頭に新しいまつりの「顔」を誕生させた。重さ「日本一」とされる「平成みこし」(約2トン)だ。1990(平成2)年に構想がスタートし、92(同4)年に完成した。まつり期間を通し実際に担がれるみこ…


  • 記事全文(686文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 16 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス