2019年1月2日(水)

新時代へ 語り継ぐ平成 いばらき30年
古河提灯竿もみまつり

会場変え伝統守る 市民主役に新たな特色 実行委員長・斎藤満(さいとうみつる)さん

【AD】

関東の奇祭「古河提灯竿(ちょうちんさお)もみまつり」は、毎年12月第1週の土曜日に行われる古河市の冬の風物詩。「矢来(やらい)」と呼ばれる木組みの囲いの中で、市内各団体が長さ約20メートルの竹竿の先端に提灯を付け、相手の明かりを消そうと激…


  • 記事全文721文字(あと491文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス