2019年1月2日(水)

新時代へ 語り継ぐ平成 いばらき30年
下妻の千人おどり

伝統の花火と複合 横瀬の小唄、思い託され 西崎幸樹舞踊研究所代表・鯨井幸子(くじらいさちこ)さん

【AD】

下妻市の夏の風物詩、下妻まつり(市、市観光協会、市商工会共催)は、毎年8月初旬に砂沼南岸で行われている。祭りは文字通り千人規模の市民が集う千人おどりと、砂沼湖上を美しく彩る花火大会が開催され多くの見物客でにぎわう。

中でも千人おど…


  • 記事全文693文字(あと463文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 22 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス