2019年1月2日(水)

新時代へ 語り継ぐ平成 いばらき30年
岩井将門まつり

終焉の地守り千年 氏子高齢「若い力必要」 国王神社氏子総代・真中敏晴(まなかとしはる)さん

【AD】

45回を数える坂東市の岩井将門まつり。同市にゆかりがある平将門の活躍をたたえ、武者行列などが見どころだ。将門が祭られている国王神社(同市岩井)の氏子総代、真中敏晴さん(72)に、昭和から平成にかけて続いてきたまつりの伝統について聞いた。


  • 記事全文(700文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 18 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス