2019年1月6日(日)

全国高校バレーボール 土浦日大、初戦突破

福島商下す

【AD】

バレーボールの第71回全日本高校選手権は5日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕した。第1日は男女の1回戦が行われ、男子では土浦日大が福島商を2-0のストレートで下した。

土浦日大はブロックがはまり、危なげなく第1セットを先取。第2セットはシーソーゲームとなったが、要所で立原佑都(2年)、宮根征巳(1年)のスパイクが決まり、粘る福島商を振り切った。

東福岡は大塚(大阪)に2-1で競り勝った。松本国際(長野)は東北(宮城)を2-0で退けた。

女子は八王子実践(東京)が松山東雲(愛媛)に2-1で逆転勝ち。古川学園(宮城)は市船橋(千葉)との好カードを2-1で制した。

第2日は6日、同会場で男女の2回戦を行う。男子の土浦日大は高川学園(山口)と、女子の大成女は盛岡誠桜(岩手)と対戦する。

▽男子1回戦
土浦日大 2-0 福島商
25-18
25-23

全国・世界のニュース

2019 年
 1 月 17 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス