2019年1月11日(金)

大粒イチゴを大福に 亀印製菓 季節限定、12日から

亀印製菓の「いちご大福」
亀印製菓の「いちご大福」

老舗菓子メーカーの亀印製菓(本社水戸市)は12日、鉾田市産の大粒イチゴを使った季節限定の「いちご大福」を発売する。契約農家から仕入れた新鮮なイチゴを使い、その甘さと酸味をこしあんに合わせた。3月中旬ごろまでに4万個の販売を目指す。

同社によると、使用するイチゴは「とちおとめ」で大きさは3Lサイズ(長さ4〜5センチ、幅3・5〜4センチ、重さ22〜30グラム)。鉾田市のイチゴ農園と直接契約し、新鮮なイチゴを毎朝仕入れる。

同社は2015年、従来の約2倍の大きさとなる同商品の販売を始めた。同社の担当者は「見た目のインパクトが大きくなる上、イチゴのジューシーさがより味わえるようになった」と狙いを語る。例年は売り切れが相次ぐため、予約を受け付けているという。

1個300円(税込み)。問い合わせは同社(電)029(305)2266

全国・世界のニュース

2019 年
 1 月 17 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス