2019年1月12日(土)

全国都道府県対抗女子駅伝 13日号砲 目標は「20位以内」

茨城 雪辱へ準備着々

本番に向け練習を重ねる選手ら=笠松運動公園陸上競技場
本番に向け練習を重ねる選手ら=笠松運動公園陸上競技場

第37回全国都道府県対抗女子駅伝は13日、京都市西京極総合運動公園陸上競技場発着の9区間42・195キロで行われる。本県代表チームは社会人3人、大学生2人、高校生5人、中学生3人の計13人で構成されるが、昨年からメンバーは10人入れ替わった。昨年はインフルエンザなどアクシデントに苦しみ、32位に沈んだが、今年は「20位以内」を目標とし、着実に準備を重ねている。

昨年の主力だった石沢ゆかり(エディオン)や小井戸涼(日立製作所)が所属するチームの事情により不参加。しかし今年のチームには東洋大のエース白川恵里菜、全国高校駅伝出場の高橋明日香(茨城キリスト高)、県民駅伝で女子最優秀選手賞受賞の橋野玲奈(水城高)など力のあるランナーがそろった。小田英明監督(55)は「現状では(チームは)いい形になっている」と話す。

主将の西野まほ(水城高-スターツ)は高校生の時以来6年ぶりの出場となる。1区を任される予定で後続にいい流れでつなぎたい。「中高生の時お世話になった方々に恩返しのつもりで、1秒でも速く走れるよう頑張りたい」と意気込んでいる。小田監督は「年齢的にも若いチーム。大きな舞台を経験し、次につながる大会にしたい。責任感を持って頑張ってほしい」と選手らに奮起を促した。 (桜井優)

【チームメンバー】
▽監督 小田英明(藤代高教)
▽コーチ 山本友子(茨城キリスト高教)小川健二(取手聖徳女高教)
▽マネジャー 石津俊勝(石岡一高教)
▽支援コーチ 木谷僚(取手松陽高教)斎藤陽子(泉丘中教)及川将太(下館南中教)
▽選手 西野まほ(スターツ)白川恵里菜(東洋大)佐々木瑠衣、佐々木芽衣(以上日立製作所)一瀬美結(日体大)高橋明日香、宮内志佳、飯島勇(以上茨城キリスト高)橋野玲奈、二川彩香(以上水城高)長島奈南(波崎一中)安藤悠乃(波崎二中)中村実優(土浦日大中教校)

【過去10年の本県記録と優勝チーム】
年 順位  本県タイム  優 勝   優勝タイム
2009 (31) 2時間23分19秒 京都  2時間15分39秒
10 (28) 2時間21分45秒 岡山  2時間16分24秒
11 (31) 2時間23分55秒 京都  2時間17分16秒
12 (25) 2時間21分17秒 大阪  2時間16分37秒
13 (19) 2時間20分27秒 神奈川 ※2時間14分55秒
14 (29) 2時間22分21秒 京都  2時間15分32秒
15 (19) 2時間21分30秒 大阪  2時間17分26秒
16 (18) 2時間19分50秒 愛知  2時間16分2秒
17 (15) 2時間21分11秒 京都  2時間17分45秒
18 (32) 2時間23分49秒 兵庫  2時間15分28秒
※印は大会最高記録

全国・世界のニュース

2019 年
 3 月 21 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス