2019年1月20日(日)

科学技術立県はいま 1
ノーベル賞受賞者 江崎玲於奈さん

研究者の個性尊重を 「新発見」生む環境乏しい

【AD】

筑波研究学園都市を擁し、日本の科学技術をリードしてきた本県。しかし近年、日本の科学技術の力が低下しているとの指摘が相次ぐ。研究費の削減などを受け、第一線の研究者らは「このままでは後進の育成も含め、わが国の科学技術が立ち行かなくな…


  • 記事全文1542文字(あと1312文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 2 月 19 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス