2019年2月1日(金)

科学技術立県はいま 9
サポート役「URA」

研究者の負担軽減へ

【AD】

「私の研究はこんな感じ」「こんなコラボができたらうれしい」

昨年12月。茨城大研究・産学官連携機構の間宮るいさん(36)と平山太市さん(32)の元には、学内各学部の教員たちから、こうした設問に対するコメントが続々と届き始めていた。

2人…


  • 記事全文1142文字(あと912文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 2 月 19 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス