2019年2月5日(火)

科学技術立県はいま 11
原動力は基礎研究

産学連携、社会に還元

【AD】

「基礎的なことを探求することで、結果的に応用にも使えることがある」

茨城大理学部の二橋美瑞子准教授(39)=昆虫分子生物学=は今、「なぜ昆虫は多様な色や模様を持つのか」という素朴な問いに迫るため、メラニン色素とオモクローム色素という…


  • 記事全文1163文字(あと933文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 20 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス