2019年2月6日(水)

永作博美さんら豆まきに参加 鹿嶋・鹿島神宮で節分祭

鹿島神宮の節分祭で豆をまく女優の永作博美さん(左)や鹿島アントラーズのマスコット=鹿嶋市宮中
鹿島神宮の節分祭で豆をまく女優の永作博美さん(左)や鹿島アントラーズのマスコット=鹿嶋市宮中

鹿嶋市宮中の鹿島神宮で3日、一陽来復と除災招福を祈る恒例の節分祭が行われた。年男年女をはじめ、特別ゲストの女優・永作博美さん=行方市出身、かしま大使で歌手の相川七瀬さん、鹿島アントラーズOBなど、2回で計約350人が社殿前の特設舞台から“福豆”をまいてにぎわった。

同神宮では豆をまく前、鬼を払う追儺(ついな)神事を行うため掛け声は「福は内」のみ唱える。裃(かみしも)を着た特別ゲストのほか、市のマスコット「ナスカちゃん」、鹿島の「しかお」らゆるキャラたちも豆をまいた。多くの参拝客が福を求め、必死に手を伸ばしていた。

家電製品や自転車などが当たるくじ付き福豆もまかれた。大型液晶テレビを当てた市内の女性(60)は「前のほうから流れてきた豆を取っただけだったのに、すごくうれしい」と笑顔で話した。



次の記事:常総・廃材火災 保管、基準超える高さ

全国・世界のニュース

2019 年
 5 月 23 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス