2019年2月6日(水)

科学技術立県はいま 12
数値に頼る評価

長期研究の衰退懸念

【AD】

つくば市天久保の国立科学博物館筑波実験植物園(つくば植物園)の一角、バックヤードに約3000種類のランが所狭しと並ぶ。温室内で観察を行う同園の研究員、遊川(ゆかわ)知久さん(57)はランの自然史が専門。同園での系統保存やフィールドワークによ…


  • 記事全文1150文字(あと920文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 2 月 19 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス