2019年2月10日(日)

食いこ
酒と肉の店 松かた(稲敷市)

地元産極め、地域活性化へ

【AD】

稲敷市の「酒と肉の店 松かた」は、筑波山麓で育った黒毛和牛、同市産のチーズやマッシュルーム、つくば市の農園が無農薬栽培するベビーリーフなど地元産中心の食材がそろう。「食いしん坊」を自認する店主の篠原大樹さん(43)がほれ込んだものば…


  • 記事全文1024文字(あと794文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

関連記事

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス