2019年2月13日(水)

大塚さん(千葉)優勝 磯節、水戸で全国大会

優勝し、大会を締めくくる磯節を歌う大塚有朗さん=水戸市千波町
優勝し、大会を締めくくる磯節を歌う大塚有朗さん=水戸市千波町

日本三大民謡の一つとされる「磯節」の技量を競い合う「第40回記念磯節全国大会」(同実行委員会主催)の決戦会が11日、水戸市千波町の県立県民文化センターで開かれ、千葉県浦安市の大塚有朗さん(64)が優勝した。大塚さんは約700人の聴衆が見守る中、「夢にも思っていなかった」と喜びをかみしめた。

大塚さんは2年連続2回目の出場で昨年は3位だった。民謡歴は40年だが、同県で磯節は盛んではなく、自己流で練習を重ねたという。「気品と間の取り方が魅力」と話し、「難しい磯節での日本一は本当にうれしい」と笑顔を見せた。

磯節は大洗、那珂湊、平磯の三浜地方で歌い継がれてきた民謡。予選には一般、寿、少年少女の3部門に計370人が参加した。決戦会は一般の予選通過者30人が出場。決勝戦に進んだ10人が日本一を争った。(志賀敦文)


入賞者は以下の通り。(敬称略)
▽準優勝 岩下芳月(水戸市)▽3位 鈴木久弘(宇都宮市)▽入賞 小田かつよ(堺市) 八戸善美(水戸市) 武石純子(ひたちなか市) 吉冨今日子(大分県日田市) 木村広士桜(愛知県刈谷市) 鈴木なつみ(北茨城市) 山口幸子(石川県羽咋市)▽審査員奨励賞 芝間靖秋(水戸市)

全国・世界のニュース

2019 年
 2 月 21 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス