2019年3月2日(土)

自転車拠点にカフェや本屋 土浦駅ビル、4〜5月開業

JR東子会社

レストランなどが入る複合店「ステーション・ロビー」通路のイメージ
レストランなどが入る複合店「ステーション・ロビー」通路のイメージ

土浦市のJR土浦駅ビルを改装した日本最大級のサイクリング拠点「PLAYatre(プレイアトレ)」について、首都圏の駅ビルを運営するJR東日本子会社アトレ(東京)は1日、第2〜3弾としてレストランやカフェ、本屋などを4〜5月に開業すると発表した。核施設で県が運営する自転車拠点「りんりんスクエア土浦」に合わせ、各フロアには自転車を持ち込みできるのが特長。新業態店も開店する。

開業するのは2〜3階。関東や関西を中心に人気レストラン・カフェを展開するバルニバービ(東京)が2〜3階北側の計約1320平方メートルに複合店舗「ステーション・ロビー」を4月26日に開店する。カフェやレストラン、料理のスタジオ、写真スタジオ、有料の共有ワークスペースなどを含む新業態店。自転車利用者向けに、各所に自転車を置けるバイクラックを設ける。子ども向けスペースも用意し、「1時間早く駅に来たくなる日本一の駅の待合室をテーマにした」(同社)という。

2階南側には、体験型イベントなどを行う次世代型書店「天狼院書店」(東京)を中心とした店舗が5月31日に開店する。地元土浦市のどら焼き店「志ち乃」や、焼き芋のポテトかいつか(かすみがうら市)による「蔵出・焼き芋かいつか」が出店する。ほかにベーカリーの「クーロンヌ」、期間限定での店舗出店も予定されている。

3〜5階に建設している自転車利用者向けのホテルは当初、今年秋以降の開業を目指したが、20年春以降にずれ込む。駅ビルをホテルに改装するため、採光の窓設置など難工事が予想される。

アトレは「プレイアトレ」第1弾の開業1周年を記念し、サイクリングイベントなどを展開する。(綿引正雄)



次の記事:事務所兼倉庫が全焼 神栖

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 20 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス