2019年3月15日(金)

潮来市立図書館 郷土資料デジタル化 傷めず閲覧、自宅で検索も

潮来図書館がホームページ上で始めたデジタルアーカイブ
潮来図書館がホームページ上で始めたデジタルアーカイブ

潮来市牛堀の同市立図書館(船見康之館長)は、郷土資料をデジタル化し、同図書館のホームページで公開するデジタルアーカイブの取り組みを始めた。貴重な郷土資料を傷めずに閲覧できる上、検索機能もあり、自宅などから手軽に調べ物もできる。現在は3点のみの公開だが、今後は旧潮来町、旧牛堀町、潮来市が発行した資料を順次デジタル化していく方針。

現在、公開されているのは、「潮来町史」「ふるさと牛堀」「郷土うしぼり」の3点。実際の本と同じ体裁で公開されている上、専門の業者が特殊な機器でスキャンしているため、通常、見開いた際に中央に存在する「ページのつなぎ」がなく、より見やすいことも特長だ。また、キーワードを入力することで、対応するページがどこにあるかを一目で分かる検索機能も備えている。船見館長によると、県内の図書館で検索機能があるデジタルアーカイブは珍しいという。

全国・世界のニュース

2019 年
 3 月 26 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス