2019年3月20日(水)

県内公示地価 インフラ充実で反転 神栖、阿見 子育て環境も要因

【AD】

国土交通省は19日、公示地価を発表した。県内は住宅地、商業地ともに前年より下落したが、下げ幅は7年連続で縮小。特に神栖市と阿見町では、地価上昇が昨年見られなかったが、今年は5〜6地点に増えた。住環境や利便性が評価され、需要が高まってい…


  • 記事全文(1105文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 23 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス