2019年3月28日(木)

ググッと県西・記者探訪記
筑西市 国登録文化財「荒七酒店」

昭和初期の激動伝える 建物に宿る3代の記憶

【AD】

筑西市を代表する歴史的建造物「荒七(あらしち)酒店」。建物には旧下館の明治から平成へと至る歴史が刻み込まれている。店を訪ねて話を聞くと、昭和初期の激動も浮かび上がった。1999年8月に国の有形登録文化財に指定されてから、間もなく20年。「…


  • 記事全文1360文字(あと1130文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 12 月 15 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス