2019年4月2日(火)

チューリップ2万本 神栖

色鮮やかに咲き誇る約2万本のチューリップ=神栖市須田
色鮮やかに咲き誇る約2万本のチューリップ=神栖市須田

神栖市須田の「夢のひろば須田」で、地域のボランティアが植えた約2万本のチューリップが見頃を迎えている。

ひろばは、不法投棄対策や地域住民の交流の場として、2007年に造成。地域ボランティアやひろば近くの市立須田小の児童らが、除草や花の植栽に協力し、環境保全に努めてきた。現在は桜やヒマワリ、コスモスなど四季折々の花々が毎年咲き、地域住民の憩いの場として定着している。

チューリップは毎秋、ボランティアらが植え、今年は赤、白、黄など多種多様なチューリップ約2万本が色鮮やかに咲き誇った。地元の三味線と民謡の愛好家団体による演奏会も開かれた3月31日、親子やお年寄りらが次々に訪れ、華やかな色彩に包まれたチューリップ畑を散策したり、写真を撮ったりして楽しんでいた。

ひろばの管理を続ける市民ボランティア「花と緑の会」のメンバーたちは「多くの方に見て楽しんでいただきうれしい」と口をそろえる。見頃は今週いっぱいという。



次の記事:常総・廃材火災 保管、基準超える高さ

全国・世界のニュース

2019 年
 5 月 26 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス