2019年4月9日(火)

ひたちなか市埋蔵文化財調査センター職員・稲田さん 「虎塚古墳」テーマに初出版

関心持つきっかけに 研究20年超 新知見加え分かりやすく

【AD】

謎のような幾何学文様の装飾壁画で知られるひたちなか市の虎塚古墳をテーマに、同市埋蔵文化財調査センター職員、稲田健一さん(50)が、研究成果をまとめ本を出版した。「海でつながる文化」という視点で、最新の知見に加え、地元出身の研究者とし…


  • 記事全文(779文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 8 月 25 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス