2019年4月13日(土)

水戸、無敗対決へ闘志 J2 14日、敵地で2位甲府戦

FW黒川、ゴール誓う

練習で汗を流す黒川(右端)=アツマーレ
練習で汗を流す黒川(右端)=アツマーレ

明治安田J2第9節最終日は14日、各地で8試合を行い、3位水戸は甲府市の山梨中銀スタジアムで2位甲府と対戦する。キックオフは午後2時。無敗同士の上位対決で勝ち点3をつかみたい。

前節は徳島と1-1で引き分けた。黒川の今季初ゴールで先制するも、試合終了間際に5バックで固めた守備を破られ、同点とされた。長谷部監督は「アディショナルタイムに(時間稼ぎで)一つ残していた交代枠を使っても良かったかもしれない」と振り返った。

今季からFWに転向した黒川は、攻守で戦術の中心を担っており、チームに欠かせない存在だ。前節までは得点から遠ざかっていたが、位置取りを工夫し、ドリブル突破や裏への抜け出し、周囲との連係など相手に応じた動きでゴールに向かっていた。黒川は「これからゴールを重ねるために、いろいろな形を経験できた」と手応えを話し、「得点は必ず結果として残さないといけない」とゴール量産を誓った。

甲府は水戸と同じく4勝4分けの無敗。守備時に5バックとする堅守と、3人の外国人選手を軸とする迫力のある攻撃を兼ね備えている。特に得点ランキング2位タイのFWウタカはうまさも強さもあり警戒が必要だ。

右サイドバックの岸田は「個で打開してきたときに1人が抜かれたらカバーしたい。全員で組織的に守りたい」と話した。 (藤谷俊介)



次の記事:茨城ダッシュやめよう 急発進右折、違法も

全国・世界のニュース

2019 年
 6 月 18 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス