2019年4月14日(日)

《バスケットボールB2》ロボッツ 青森下す

群馬が地区優勝

青森-ロボッツ 第1クオーター、シュートを決めるロボッツの福沢=カクヒログループスタジアム((c)B.LEAGUE)
青森-ロボッツ 第1クオーター、シュートを決めるロボッツの福沢=カクヒログループスタジアム((c)B.LEAGUE)

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は13日、青森・カクヒログループスタジアムなどで9試合が行われ、茨城ロボッツは青森を73-60で下した。通算成績は35勝22敗、順位は東地区3位のまま。

ロボッツは8点を追う第3クオーターに追い上げ、残り24秒、ジャーラのシュートで追い付いた。同点で迎えた第4クオーターは速い展開で得点を重ね、相手を突き放した。

東地区首位の群馬は80-64で同2位の仙台を下し、地区優勝を決めた。

■3点シュートに苦戦 茨城ロボッツ・岩下HC
3点シュートに苦しんだ試合だった。リズムは悪くなかったが、成功率はいつもよりも20%以上低くなってしまった。そこは課題。ペイントエリア内は非常に堅く守ることができた。

(カクヒログループスタジアム、1204人)
茨城 35勝22敗 73-60 青森 14勝43敗
13-21
14-14
20-12
26-13



次の記事:新生活様式 介護現場「無理ある」

全国・世界のニュース

2020 年
 5 月 28 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス