2019年4月16日(火)

県内20度超え 初夏の陽気

菜の花と桜に囲まれ、遊具で遊ぶ子どもたち=15日午後、下妻市堀篭
菜の花と桜に囲まれ、遊具で遊ぶ子どもたち=15日午後、下妻市堀篭

県内は15日、各地で20度を超え、4月下旬から5月下旬並みの暖かい初夏の陽気となった。水戸地方気象台によると、主な最高気温は土浦で22・2度▽つくば22・1度▽水戸21・9度▽古河21・3度。

下妻市堀篭の小貝川ふれあい公園では、満開の菜の花が河川敷を鮮やかな黄色に染め、散り始めた桜と美しいコントラストを織りなしている。暖かな陽気に誘われ、多くの家族連れが散策に訪れたり遊具で遊んだりしていた。

家族で訪れた桜川市の臼井伸明さん(42)は「暑かったので途中、子どもたちに半袖短パンを買って来た。この公園は桜と菜の花が一緒に見られてきれいだし、風が抜けて気持ちがいい」と話していた。 (菊地克仁)

全国・世界のニュース

2019 年
 4 月 21 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス