2019年4月17日(水)

マイタウン・そこが知りたい ()
鉾田市・農業産出額 全国3位、頂点へ上積み図る

首都圏で鉾田市のメロンをPRする岸田一夫市長(右)=昨年5月、東京都内
首都圏で鉾田市のメロンをPRする岸田一夫市長(右)=昨年5月、東京都内

■首都圏PRに本腰

2017年の市町村別農業産出額で、鉾田市が前年比26億円減の754億1千万円で、全国2位から同3位に順位を一つ落とした。野菜日本一の座は守ったものの、野菜(芋類含む)は前年比36億8千万円減と大幅に落ち込んだ。前年好調だった反動とみられるが、全国トップの愛知県田原市は30億円超を上積みし、鉾田市との差を約130億円に広げている。

同市の農業産出額は14年に689億1千万円、15年は720億3千万円と順調に推移。16年には780億1千万円と前年比約60億円増に跳ね上がり、全国トップの田原市まで約70億円に迫っていた。ただ、県によると、16年の大幅増は熊本地震や気象災害などの影響で「野菜の取引価格が高騰したことが背景にある」としており、17年の産出額減については「落ち着きを取り戻したのではないか」(県農業政策課)とみている。

市町村別産出額日本一の座に君臨する田原市は、「電照菊」などで知られる花卉(かき)の一大産地。しかし、17年は花卉以外の主要品目となっているキャベツやブロッコリーが安定して高値で取引され、産出額の上積みに貢献した。同市農政課は「(同市で栽培される)野菜は冬作が中心。夏から秋の気象変動の影響は少なかった」としており、上積み分は「ほぼ野菜の(高値の)おかげだった」と分析する。

一方、鉾田市の豚は17年、前年比6億7千万円増の146億8千万円と堅調な伸びを示した。ただ、同市を抜いて全国2位となった宮崎県都城市は、牛、豚、鶏(ブロイラー)で産出額全体の7割超を占める畜産王国。両市の生産規模の差が産出額の伸びに現れた格好だ。

天候など自然災害の影響を受けやすいものの、ここ数年は安定して成長してきた鉾田市の野菜。市内のJAほこた、JA茨城旭村はともに売上高100億円を超えるほか、200近い任意組合も成長を続けている。市も昨年度から、首都圏のPRに本腰を入れており、今後の巻き返しが期待される。 (大平賢二)



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 22 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス