2019年4月17日(水)

《春季関東高校野球》県大会地区予選 桜ノ牧サヨナラ

延長10回水戸一下す

〈水戸地区〉水戸桜ノ牧-水戸一 延長10回水戸桜ノ牧1死二塁、斎藤の内野安打で二塁走者・長岐(5)が生還し、サヨナラ勝ちを決める=県営球場
〈水戸地区〉水戸桜ノ牧-水戸一 延長10回水戸桜ノ牧1死二塁、斎藤の内野安打で二塁走者・長岐(5)が生還し、サヨナラ勝ちを決める=県営球場

第71回春季関東高校野球県大会地区予選は16日、水戸、県南地区で代表決定戦7試合が行われ、県大会出場校が出そろった。水戸桜ノ牧は水戸一との延長十回に及ぶ激戦の末、1-0でサヨナラ勝ち。土浦三は8-1で土浦二を退け、10年ぶりの県大会出場を決めた。

そのほか水戸工、水戸葵陵、鹿島学園、水戸啓明、東洋大牛久が県大会に駒を進めた。

各地区の代表校に予選免除の常総学院、藤代、水城、石岡一の4校を加えた36校で争われる県大会は、19日に組み合わせが決まり、27日からジェイコム土浦などで開幕する。上位2校は関東大会(5月18〜22日・埼玉)に出場する。

○県大会出場校○
■県北地区

佐和、明秀日立、磯原郷英、多賀、太田一、日立北、科技日立、日立一

■水戸地区

水城、常磐大高、水戸商、波崎柳川、水戸葵陵、鹿島学園、水戸啓明、水戸工、水戸桜ノ牧

■県西地区

守谷、水海道二、古河三、総和工、つくば秀英、下妻二、下妻一、下館工

■県南地区

常総学院、藤代、石岡一、霞ケ浦、土浦日大、竜ケ崎一、取手松陽、取手一、土浦湖北、土浦三、東洋大牛久



次の記事:常総・廃材火災 保管、基準超える高さ

全国・世界のニュース

2019 年
 5 月 20 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス