2019年4月24日(水)

挑む天皇杯・茨城国体競技団体幹部に聞く 7
アーチェリー 飯島寿一・県協会理事長

少年女子、上位狙う

【AD】

アーチェリーは強い精神力と弓を引き続ける体力が必要。本県は競技が盛んとはいえないが、入賞を目指し、強化に努めてきた。観衆の思い出に残る試合をしたい。国体で多くの人が興味を持ち、競技人口が増えるきっかけになることを願う。

競技は3…



  • 記事全文(693文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

関連記事

全国・世界のニュース

2019 年
 5 月 26 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス