2019年4月28日(日)

平成茨城・考 6
原子力と東海村

岐路に立つ発祥地

【AD】

「原子力」と「干し芋」。佐藤石炭(東海村)会長の佐藤映史さん(70)一家は、この二つの産業に将来性を感じ、北茨城市から東海村に移り住んだ。1959年、小学4年生の時だった。

「マッチの軸ほどのウラン燃料が、石炭を積んだ貨車何台分ものエネル…


  • 記事全文(1485文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 8 月 22 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス