2019年5月12日(日)

挑む天皇杯・茨城国体競技団体幹部に聞く 21
ホッケー 小島久幸・県協会理事長

全種別、初戦突破を

【AD】

天皇杯得点を獲得できたのは、1974年茨城国体の成年男子(2位)と80年栃木国体の少年男子(8強)だけ。45年ぶりの地元国体で、強化を図ってきた成果を何とか出したい。全種別、まずは初戦突破して8強入りするのが目標だ。

成年男子は地元クラブの茨…


  • 記事全文697文字(あと467文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

関連記事

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 22 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス