2019年5月13日(月)

J1鹿島2連勝で5位浮上 神戸に1-0

神戸-鹿島 前半17分、先制ゴールを決めて喜ぶ鹿島・セルジーニョ(右)=ノエビアスタジアム神戸、菊地克仁撮影
神戸-鹿島 前半17分、先制ゴールを決めて喜ぶ鹿島・セルジーニョ(右)=ノエビアスタジアム神戸、菊地克仁撮影

明治安田J1第11節最終日の鹿島は12日、ノエビアスタジアム神戸で神戸を1-0で下し、2連勝を飾った。通算成績は6勝2分け3敗、勝ち点20で順位は5位に浮上した。

鹿島は前半17分、白崎が左サイドからゴール前にロングボールを送り、セルジーニョが倒れ込みながら右足のボレーシュートを決めた。その後も主導権を握り続け、シュート数は18-1と圧倒した。

鹿島の次戦は18日、本拠地カシマスタジアムで松本と対戦する。(岡田恭平)

■鹿島・永木 ゼロで抑えて良かった

ゼロで抑えたことは後ろの選手として良かった。相手は前にかける人数が少なく、そこまで怖くなかった。

■鹿島・大岩監督 やるべきことやった

厳しい日程の中、選手がやるべきことをやって勝利に値するゲームだった。ピッチ状態、相手のポジショニングを踏まえた状況判断を早く正確にできれば、違う展開になった。次の試合に向けての改善ポイント。

■鹿島・白崎 1点では足りなかった

相手のプレッシャーはほとんど感じなかった。1点では足りなかった試合。(アシストは)セルジーニョがいい動きだしをした。

▽ノエスタ(観衆20,119人)
神戸 3勝7敗1分け(10) 0-1 鹿島 6勝3敗2分け(20)
0-1
0-0

▽得点経過 神 鹿
前17分【鹿】 0-1 セルジ



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 19 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス