2019年5月15日(水)

市南部運動広場 愛称「セキスポ」 土浦、関彰が命名権

【AD】

土浦市は14日、公募していた市内1カ所のスポーツ施設の愛称を決めた。市南部地区運動広場(同市乙戸)は「土浦南部セキショウスポーツフィールド(略称・セキスポフィールド)」になる。市はこれにより、施設の運用資金を調達する方針。

愛称公募は今年1月以降に市内9施設を対象に実施。同運動広場にはスポンサーとして事業者から申し出があり、関彰商事(筑西市)と交渉した結果、今月契約した。契約期間は6月1日から3年間。命名権料は年額30万円。同広場の正式名称に変更はない。

同市は昨年11〜12月、市内11カ所の施設を対象に愛称を募集。うち市民運動広場、水郷プールの2カ所はそれぞれ一誠商事(つくば市)、中川商事(土浦市)を優先交渉者として決めた。契約期間は4月1日から3年間。命名権料は運動広場が年額30万円、水郷プールが同100万円。

新治運動公園野球場(同市藤沢)など残り8カ所の愛称は応募がなく、随時募集している。



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 12 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス