2019年5月16日(木)

鹿嶋市長 歴史資料館整備を表明 「活性化促進に必要」

【AD】

鹿嶋市が宮中地区に建設を計画しながら、昨年2月に白紙とした「歴史資料館」(仮称)について、錦織孝一市長は15日、「鹿島神宮周辺地区の活性化を促進させるためには、核となる施設があったほうがよい」と必要性を訴え、整備する方針を明らかにした…


  • 記事全文635文字(あと405文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 22 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス