2019年5月26日(日)

茨城県内衆院選挙区 解散風 急ぐ野党 統一候補、準備進まず

自民、現職擁し安定

【AD】

衆参同日選の可能性が永田町で連日取り沙汰され、茨城県内各党も解散風を気にし始めた。県内衆院選挙区では、自民党が全7区に現職を擁して安定感を見せる一方、国民民主や立憲民主などの野党は現職以外の候補予定者が固まっていない。今夏の参院選…


  • 記事全文1326文字(あと1096文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 17 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス