2019年5月27日(月)

東海・村松小

「桃太郎」の見出しを考える児童たち=東海村立村松小
「桃太郎」の見出しを考える児童たち=東海村立村松小

茨城新聞の出前授業が17日、東海村立村松小(飛田順一校長)であり、4年生49人が「桃太郎」の物語に見出しを付ける体験を楽しんだ。

新聞の読み方や書き方も学習。田村真飛(まなと)君は「記事の5W1H(いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どのように)に意味があると分かった」、西河敦也君は「見出しだけでも内容が分かると知って新聞が身近になった」と話した。

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 21 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス