2019年6月2日(日)

東京五輪聖火リレー 鹿嶋発、終点つくば 茨城県内ルート 来年7月、13区間15市町巡る

2020年東京五輪・パラリンピック聖火リレーのルート概要が1日、発表された。茨城県は同年7月5、6両日の2日間の日程で、サッカー競技が開かれる鹿嶋市から出発し、県内全域を巡った上でゴールはつくば市。袋田の滝(大子町)や竜神大吊橋(常陸太田市)、霞ケ浦などの名所を通過しながら計13区間15市町を駆け抜ける。県実行委は7月1日からランナーの公募を始める。

聖火リレーは同年3月26日に福島県をスタート。一筆書きで全都道府県を巡り、茨城県は45番目。千葉県から聖火を受け取り、埼玉県へつなぐ。

1日目はサッカー競技会場の県立カシマサッカースタジアムがある鹿嶋市から出発。鹿行、県央、県北地域の7区間8市町で実施し、1日目最終到着イベントを水戸市の千波公園ふれあい広場で行う。

2日目は古河市を出発し、県西・県南地域の6区間7市で実施。帆引き船が魅力の霞ケ浦などを背景に駆け抜け、最終到着イベントはつくば市の研究学園駅前公園で開く。

実施地域が広範囲のため、1区間が終わった後に聖火を次の区間まで車で移してリレーする方法なども想定されている。「ひたちなか市・大洗町」と「常総市・坂東市」は1区間が2自治体にまたがる。

ルート案の選定に当たって県実行委は、多くの住民が見学できることや安全性に加え、茨城県の魅力を国内外にアピールできる場所を加味。東日本大震災で津波被害があった沿岸部や、関東・東北豪雨で被災した常総市と坂東市など「復興五輪」を象徴する地域も組み込んだ。

実際にランナーが走るコースの詳細は今後調整し、年内には決まる見通し。聖火リレーは1日80〜90人が走る予定で、県実行委が選ぶ走者の枠は2日間合計で44人。このうち半数以上は公募枠となり、県実行委は7月1日から8月末まで募集を行う。

茨城県での聖火リレーを巡っては、県や県警幹部、大学関係者などで構成する県実行委(会長・宇野善昌副知事)が昨年8月に発足。市町村へのアンケートなどを経て、昨年12月に大会組織委に県内ルート案を提出していた。ルート概要の発表を受け大井川和彦知事は「聖火は平和や希望などオリンピックの価値を表す象徴であり、聖火リレーを通じて県内にその価値を伝えられることを喜ばしく思う。この機会を通じ、国内外に県の魅力を発していきたい」とコメントを出した。(戸島大樹)



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 22 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス