2019年6月3日(月)

《都市対抗野球》北関東大会 日鉄鹿島、日立下す 4年連続 本大会切符

本大会出場を決め、中島監督を胴上げする日本製鉄鹿島の選手ら=日立市民球場
本大会出場を決め、中島監督を胴上げする日本製鉄鹿島の選手ら=日立市民球場

社会人野球の第90回都市対抗大会の最終予選となる北関東大会第5日は2日、日立市民球場で決勝と第2代表決定トーナメント(敗者復活)3回戦が行われた。

決勝で日本製鉄鹿島が8-7で日立製作所に競り勝って2年ぶりに第1代表となり、4年連続19度目の本大会出場を決めた。最高殊勲選手には日本製鉄鹿島の林悠平二塁手が輝いた。林二塁手は13打数8安打、打率6割1分5厘で首位打者賞も受賞した。

第2代表決定トーナメント3回戦はエイジェック(栃木・小山市)がSUBARU(群馬・太田市)を破った。

最終日は3日、同球場で、エイジェック-日立製作所の第2代表決定戦(正午開始予定)を行う。

日本製鉄鹿島と第2代表決定戦の勝者が出場する本大会は7月13日から13日間、東京ドームで開催される。組み合わせ抽選会は15日。

■錦織孝一鹿嶋市長 黒獅子旗を鹿嶋に

4年連続19回目の本大会出場おめでとうございます。新チーム名で挑んだ最初の年に見事激戦を制したことを誇りに感じます。東京ドームでも持ち前の粘り強さと強固なチームワークで今年こそ黒獅子旗を鹿嶋の地に持ち帰っていただきたい。

▽決勝
日本製鉄鹿島(鹿嶋市) 003000302│8
日立製作所(日立市)  000420010│7

▽本塁打 片葺、林2、岡崎
▽二塁打 高畠、福盛
▽盗塁 野中、森下
▽失策 吉田、野中
▽暴投 伊藤
▽野選 渡部
▽試合時間 2時間57分

▽第2代表決定トーナメント3回戦
エイジェック(栃木・小山市) 100100112│6
SUBARU(群馬・太田市) 002100000│3

(エ)安藤、井上、町田、牧野-松浦、小川
(S)角田、高橋、上原-君島

▽本塁打 椿(エ)遠藤(S)
▽二塁打 楢原2、新井勝、名原(エ)三浦(S)



次の記事:茨城ダッシュやめよう 急発進右折、違法も

全国・世界のニュース

2019 年
 6 月 19 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス