2019年6月8日(土)

高校野球茨城大会 93チーム熱戦へ

【AD】

県高校野球連盟(塚本敏雄会長)は7日、水戸市内で理事会を開き、第101回全国選手権茨城大会への参加校や、実施日程などを決めた。

参加校数は昨年より2校減の100校。加盟校105校のうち、高萩、大洗、水戸平成学園、真壁、明野の5校が部員不足により不参加を決めた。佐竹・太田西山、水戸桜ノ牧常北・竜ケ崎南、石岡商・潮来・神栖、岩瀬・石下紫峰・岩井・坂東総合がそれぞれ連合チームとして出場するため、昨年より5チーム減の93チームとなった。四つの連合チームが出場するのは過去最多。

大会は7月6日に開幕。会場はノーブルホーム水戸、ひたちなか市民、ジェイコム土浦、日立市民、笠間市民、県営の6球場で行われる。1回戦は9日までの4日間。2回戦は11〜13日、3回戦は15、16日、4回戦は19日、準々決勝は21日、準決勝は23日。決勝は24日、午前10時からノーブルホーム水戸で行われる。10、14、17、18日は調整日、準々決勝前日の20日、準決勝前日の22日は休養日。組み合わせ抽選会は今月21日に行われる。



次の記事:茨城ダッシュやめよう 急発進右折、違法も

全国・世界のニュース

2019 年
 6 月 19 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス